鍋の魅力

寒い季節になると温かい鍋料理が待ち遠しくなります。そこで今回は、鍋料理に欠かせない冬が旬の野菜を紹介します。鍋料理には、白菜は欠かすことができないでしょう。じっくり煮れば、芯まで柔らかな食感を楽しむことができます。また、さっと時間をかけずに火を通すことでシャキシャキの歯ごたえを楽しむこともできます。鍋料理の種類も問わず、どのような味つけとも相性の良い野菜です。

白菜の旬は11月~2月頃で、ビタミンCやカルシウムを多く含む野菜です。品種により異なる色づき方をした緑色や黄色の葉の部分は、カロテンが多く含まれています。外側の葉がイキイキしていて、葉の先までみずみずしいものがおすすめです。半分や1/4カットで売られている場合には、切り口も忘れずにチェックして、黒ずみのない物を選ぶようにしましょう。買ってきたら、ラップで包んで冷蔵庫に保管すると鮮度を保つことができますよ。

白菜は鍋物でいただくのがおすすめですが、漬物やサラダ、和え物などの調理方法も向いています。シャキッとした歯ごたえを活かしていただくのも美味しいです。白菜には強い香りがするなどの癖がありませんので、比較的どんな食材とも相性も良い野菜です。味付けも和風である醤油ベースをはじめ、韓国料理でのキムチ風味、またはクリーム煮など、様々な味付けにも合う野菜です。いつもの料理にプラスして、新しい味付けにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。