栗の旬

9月から10月にかけて旬を迎えるのが栗です。新鮮な生の栗をお店で見かけるのは、とても短い期間しかありません。しかも、調理をする際の下ごしらえが割りと大変ですので、手間がかかる食材といっても良いでしょう。しかし栗は、味わいが深く、秋を感じる味覚としてとても人気があります。栗は、東北から九州南部で収穫ができます。特に、京都で収穫される栗は丹波栗とよばれ大粒で高級品種として扱われており、珍重されています。

栗を買ってきたら、軽く洗って30分くらいぬるま湯につけておきます。水気が浸透してきたところで下部を少しだけ切り落として、鬼皮と呼ばれる固い皮を剥けば下ごしらえは完了です。この栗をご飯と一緒に炊けば、炊き込みご飯の完成です。蒸してクリーム状にすれば、栗ペーストが出上がり、スイーツの材料になります。栗の下ごしらえさえ覚えてしまえば、もっと栗を身近に楽しむことができます。もしも、生の栗を使って下ごしらえをするのが大変なようでしたら、手軽に使える瓶詰の栗でも代用可能です。旬を感じることはできないかもしれませんが、栗料理を楽しむことができます。このように、手間がかかる食材ですが、味わい深く、季節を感じることができますので、秋の味覚として栗を楽しみたいものですね。